ノートパソコンの冷却方法は大きく分けて2種類あります。

 

1つは冷却ファンが見えている空冷タイプで、もう1つが冷却ファンが見えないタイプです。

 

 

冷却ファンの先を塞いではいけない

 

冷却ファンが見えている空冷タイプのノートパソコンは空気の出入り口を塞がない事で通常は冷却が上手く行きます。

 

冷却ファンの先を絶対に塞いではいけません。

 

塞げば必ず加熱して特に夏場なら熱暴走を起こし、機能異常を起こします。

 

特にシステムやデータやアプリケーションやネットワークに異常がなくても遅くなったり、異常停止したりする場合には熱暴走を疑い、ノートパソコンの通気口を確認した方が良いでしょう。

 

 

もしもファンのすぐ傍に棚や書籍などがあれば距離を広げるべきです。

 

ファンの大きさの2倍の距離を空ければ問題無いでしょう。

 

ファンのあるノートパソコンには通気口が他に必ずあります。

 

スピーカーの音を出す穴などがそれに該当します。

 

そうした穴は小さいのでホコリなどで塞がることがあります。

 

通気が悪くなれば必ず冷却効率が下がるのでこまめに掃除しましょう。

 

特に熱がこもるようであれば、マニュアルを見て他に通気口がないか確認し、あればそこも重点的に掃除しましょう。

 

ホコリにも注意を

 

ノートパソコンは通常分解掃除はできない構造になっています。

 

なので特に冷却ファンが見えるタイプのノートパソコンにホコリが入ると取る事ができません。

 

綿埃などが舞う環境ではどうしても内部にホコリが溜まるので、気をつけましょう。

 

また喫煙する人がいる場合にはその綿埃にヤニが付着し、更に冷却効率が下がるので禁煙にできない場合でも、ノートパソコンの風上にタバコの煙が来ないようにレイアウトを工夫すべきです。

 

冷却ファンが見えないタイプのノートパソコンは筐体から放熱する構造になっています。

 

筐体からの放熱も重要

 

他にも放熱箇所が設けてあるかもしれませんが、筐体からの放熱が重要です。

 

これを妨げない様にするには筐体と机との距離を最小限設計通りにすべきです。

 

ところがデスクの上に柔らかいマットが敷いてあったりすると筐体を浮かせる足がマットに沈み込んで筐体の底が密着してしまいます。

 

そうすると筐体表面の温度差で起きる気流が妨げられて冷却効率が下がります。

 

ノートパソコンを断熱性の良い素材の上で使っても熱はこもります。

 

筐体自体が熱を伝えやすい素材でできていても机が熱を伝えないと熱い箇所の冷却がとどこおります。

 

そんな場合には薄い鉄板やアルミ版など熱を伝えやすい板を敷いてその上にノートパソコンを置けば放熱性が向上します。