パソコンが不要になった場合、パソコンの処分方法が気になることがありました。

 

近頃では処分するにも何かとお金のかかる時代です。

 

しかしリサイクルマークのあるパソコンなら基本的には無料回収です。

 

2003年10月にパソコンリサイクル法が施行され、パソコンメーカーが責任を持って回収しリサイクルするようになりました。

 

リサイクルマークのあるパソコンなら既にリサイクル費用の支払いは完了しています。

 

そのため費用を気にせずにお申し込みができます。

 

2003年より前に購入したパソコンだとリサイクルマークが付いていないことがあります。

 

この場合は有料となりますので注意して下さい。

 

回収の流れは

 

各パソコンメーカーのホームページにて使用済みのパソコン回収のお申し込みができます。

 

お申し込みフォームの必要事項に記入し送信して下さい。

 

その後にエコゆうパック伝票が届きます。

 

処分したいパソコンを梱包し、エコゆうパック伝票を貼り付けして近くの郵便局に持参して下さい。

 

重た過ぎて郵便局に持参できないと言う場合、自宅まで来てくれる戸口集荷を頼むと言う方法があります。

 

その後は再資源化センターにてリサイクルされます。資源の有効活用にも貢献できるのが良いですね。

 

パソコンメーカーが既に無い場合

 

パソコンメーカーが既に無い場合は一般社団法人のパソコン3R推進協会にて有料で回収しています。

 

デスクトップパソコン本体、ノートパソコン、液晶ディスプレーで4000円かかります。

 

処分したいパソコン内に重要なデータが入っている場合はきちんと完全消去して下さい。

 

データ消去ソフトを使用する、ハードデスクを物理的に破壊するなどの方法があります。

 

此方の処分方法でもホームページからお申し込み後、エコゆうパック伝票が届きます。

 

パソコンメーカーの回収と同じく、パソコンを梱包し郵便局に持ち込みまたは戸口集荷で配送して貰います。

 

回収業者に依頼

 

パソコンを無料回収している業者に依頼すると言う方法もあります。着払いで送れる業者が多いために送料は無料です。

 

中には出張回収を行う業者もあり梱包せずに回収して貰えます。完全消去は業者で行っており手間がかからないです。

 

なぜ無料で業者が回収できるのかそれはお金になる金、銀、銅などの素材を再資源化しているからです。

 

その代わりに信頼性の高い業者に依頼することが大切です。